2016年01月26日

第2回 ジェンダー・セクシュアリティ・スタディーズ読書会 (1月28日)

第2回ジェンダー・セクシュアリティ・スタディーズ読書会を行います。

日時:1月28日(木)5時-7時
場所:英文研究室辞書室
テクスト:The History of Sexuality, Vol.1 
(Part I We "Other Victorian", Part II "The Repressive Hypothesis")

今後の大まかな予定は以下のとおりです。
1)フーコー『性の歴史』第一巻を、3回に分けて3ヶ月で読む
2)基本的には英語で読む(日本語・仏語もOK)
3)各回3名に発表してもらう(計9名)

『性の歴史』一巻はペーパーバックでおよそ160頁ですので、
1回50頁、発表者の担当範囲は20頁弱、というペースです。
日本語でもだいたい同じくらいのページ数です。

スケジュールは、暫定的なものではありますが、
第一回:1/28(Part1?Part2)
第二回:2/23 or 29(Part3?Part4)
第三回:3/23 or 3/29(Part5)

という予定です。
ご興味のある方はご参加ください。
posted by utenglishnews at 14:54 | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする